園庭の、お砂遊び!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、「ひまわり保育園2nd」です!

今日は、
「園庭」で遊ぶ
子どもたちの様子をお届けします!

2019年6月某日は、
「ひまわり保育園2nd」の子どもたちは
裸足で、お砂遊びをしました。

「1歳児」の「ぱんだ組」は
レジャーシートを敷いて
砂遊びに夢中になっていました。

「2歳児」の「うさぎ組」は
砂の上を
「気持ちいい、砂がサラサラしているね。」と
足裏の感触を気持ち良さそうにし、
言葉でお友達や保育者に伝えていました。

また、別の日の雨が上がった日も
この「園庭」でお砂遊びをしました。

子どもたちは
「今日は土が固いね。」と
前回とも異なる変化に気づいた様子でした。

この、
「自分の気持ち」を「言葉」にすることや
「違い」を
「自分たちの、手足などで感じる」ことが
子どもたちの成長を促し、
「言葉」を通して「表現」しようとする様子は
子どもたちの成長の表れです。



そして、
「0歳児」の「こあら組」の子どもたちは、
少しづつ、保育園の生活にも慣れてきて
ズリ這いや
ハイハイができるようになり、
保育室での探索活動が活発になっています。

保育園は、
子どもたちが
生活時間の大半を過ごす場所であり、
これらからの
人間形成に
とって極めて重要な時期です。

私たち「ひまわり保育園2nd」は
0歳から2歳までの保育園です。

この大切な時期に
様々な体験を通して、
豊かな感性や表現力を育み、
創造性の芽生えを培うこと
を大切にしていきたいと思います。

来月は
「水遊び」「感触あそび」など
夏の季節を感じ、楽しむ遊びをします!

記事一覧